2008年5月18日 (日)

広島市安佐北区 午前2時 水が止まらない

Img_0680_2

       午前2時、「お風呂の水が止まらないんですが、対応していただけますか?」お風呂の蛇口の緊急修理の御依頼を頂きました。深夜は自分で元栓を見つけて閉めることができないお客様やビルやマンションの管理会社様からのご依頼が多いです。

20080518_1_3

      水漏れの原因はコマパッキンの断裂。パッキンが蛇口をひねった時に突然、ブチッと切れて水が止まらなくなったんですね。

20080518_2

      DIYのお父さんから「何回パッキン替えても直らんのじゃあ」と、お電話を頂きます。画像はハンドルを外した蛇口を真上から見た物。矢印の部分にコマパッキンが当って水が止まります。何度コマパッキンを交換しても直らない場合はここが一部欠けて破損しているのが原因。その場合は蛇口交換が必要になります。

広島水道センター ホームページはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

+ネジがバカになって外れない

2007_0606_1

       水まわりの小さなネジは錆付いて回りにくくなったりしてドライバーをはめる+の溝がだめになってしまうことがあります。

2007_0606_2

      ドライバーではどうやっても外れないときはドリルを使ってネジを外します。

2007_0606_3

      ネジ山を切ってある部分より若干太めのドリル刃を+溝に当ててドリルを回転させてやります。

2007_0606_4

      ドリルを高速回転をさせるとネジに摩擦熱が発生するので薄いプラスチックなら取付部分を溶かして外すことが出来ます。後はプライヤーなどで残ったネジを除去すればOKです。取付部分が溶けない物などはドリルで+ネジの頭を切除します。これさえ知っておけばネジの頭をなめてしまうのも怖くはありません。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

ウォシュレットは取付け簡単?

20070502_1

      「自分でウォシュレットを取り付けたら水が出なくなった」量販店で販売されているウォシュレットは購入者が簡単に取付けできるようになっていますが、時々取り付けがうまくいかなかった方からのご依頼を頂きます。

2007_0502_2

      ウォシュレットの取付けで難しいのはやはりこの部分。分岐金具と給水ホースの接続です。この部分さえうまくいけば終わったも同然ですが、タンクのフタを閉めたままの状態で作業するのはよくありません。

2007_0502_3

      よくある失敗でタンクの中の浮きが付いている部品(ボールタップ)が回転して横を向いていることがあります。給水ホースを取り付けた際に中の部品が動かないように作業を行います。画像のように浮きが真下を向いていればOKです。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

洗い落とし式トイレの構造

2007_0421_1_1         トイレのタンクが三角形のタイプの便器に多い「洗い落とし式便器」と呼ばれる便器。中の構造を見るために割ってみました。

2007_0421_2

      便器の正面。トイレの詰まりを直そうとして「手を入れても奥まで届かない」そんな理由も便器の中がどんな構造になっているかを知れば納得です。

2007_0421_3

      ここが便器底部。上の穴からきた水が、下の穴へぐるっとターンしてもう一度上に上がります。手が入るのはここが限界。タオルやオムツを流して詰まった場合はここで止まっている場合もあります。

2007_0421_4_1

      底から見上げた画像。かなり上まで上がっています。手を突っ込んでも奥まで届かない訳です。

2007_0421_5

      便器の排水路をターンした水がここから滝のように下に流れ落ちます。構造がシンプルな便器です。トイレの詰まりは一般的にここから先の便器の出口部分で起こります。便器の中はこんな風になっているので底に手が届かないのはもちろん、ハンガーや棒を差し込んで詰まりを解消するのはなかなか困難なのです。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

トイレの詰まりをハンガーで

2007_0419

      「詰まりをハンガーで直そうとしたんだけど、排水管が一回上に上がってるから奥まで届かなくて。」トイレの詰まりをハンガーで突いたり引っ張ったりして直そうとしているお客がよくいらっしゃいますが、便器の構造から考えて見るとあまり有効な方法とは言いがたいです。

024

      これは最近の便器の断面。大抵は便器排水路の出口付近で詰まるので、ここまでハンガーが曲がって届くかどうか疑問です。でも「ハンガーを突っ込んだら直った」と言うお客様もいるのでハンガーで詰まりを直してみようと思う方はこの画像を参考にどうぞ。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

トイレ部品の交換時期2

2007_0319_1

      「ヒモで引っ張ったら水が止まるんよ」ずいぶん長い間ごまかしながら使っていたようですね。画像の部品はボールタップと呼ばれる部品です。フロートバルブと同じく古くなると中のパッキンが溶けたりして水漏れが起こります。

2007_0319_2

      ボールタップのつなぎ目から水漏れが発生したのを以前、お客様が応急処置されたようです。結果的に水が止まったのですが、ここはシールテープ(防水テープ)を巻くところではありません。

2007_0319_3

      この接続部分の水漏れは平パッキンを交換します。ボールタップを交換するときはこの部分のパッキンは必ず新しい物を使用します。

2007_0319_4

      フロートバルブを交換してもボールタップが壊れているとタンクから便器の水漏れが直りません。トイレが古い場合はフロートバルブとボールタップを同時に交換したほうが良いでしょう。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

トイレ部品の交換時期

2007_0318_1

      トイレタンクや便器は割らない限りいつまでも使えますが部品が古くなった場合は交換しなければいけません。特にゴムでできている部品は一般的に大体10年くらいが交換時期です。

2007_0318_2

      レバーに鎖でつながっている「フロートバルブ」は全体がゴムでできています。10年以上使用したフロートバルブの表面を触ってみると…

2007_0318_3

      溶けたゴムが手にべっとり付きました。フロートバルブに限らず水廻りの器具に使用しているゴム製品は古くなるとゴムが硬化したり溶けたりして水漏れの原因になるので、画像のように手に溶けたゴムが付くようなら早めの部品交換をおススメします。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

カートリッジ交換(モーエン)

2007_0313_1

      「レバーハンドルの下のほうから水が漏れるんです。」台所シングルレバー水栓修理のご依頼を頂きました。「モーエンジャパンってメーカーなんですけど修理できますか?」モーエンとは外国製の蛇口で97年に日本での事業はすでに撤退しています。部品はまだ販売している所があるので取り寄せになりそうでしたが…

2007_0313_2_1

      お客様「この部品ならあるんですけど、これで大丈夫でしょうか?」大丈夫、と言うかまさにこの部品です。よく部品をお持ちでした。これを交換すればレバー上部からの水漏れも直ります。

2007_0313_4

      家の元栓をしめて、台所の蛇口からお湯も水も出ないことを確認したら作業開始。まずは六角レンチを使ってハンドルを固定しているビスを外します。

2007_0313_5

      ネジが外れたらレバーを上に引き抜きます。中はこんな風になっています。

2007_0313_6

      この部分は手で外します。内側にほんの少しネジがきってあるようなので左にまわすと簡単に外れます。

2007_0313_7

      あとはこのカートリッジを固定しているナットを左にまわして外せばカートリッジが交換できます。(※蛇口が一緒に回らないように注意)外国製の蛇口と言ってもカートリッジの交換方法は日本のメーカーと同じです。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

危険なDIY

1_5

       蛇口やパッキン交換は割と簡単にできる作業ですが、次のような場合はDIYで部品交換にチャレンジするのは危険です。

蛇口が根元からグラつく時

部品が簡単に外れない時

こうした場合はプロに任せたほうが無難です。

Photo_14 

      上の画像の蛇口はパッキン交換の際に蛇口全体が動いてしまい、管のつなぎ目から水漏れを起こしていました。蛇口の状態が良くないのに無理に作業すると最悪の場合水道管が折れてしまいます。作業がスムーズに行かない時は無理をしない方が良いでしょう。

http://www.302030.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

広島市南区 止水栓パッキン交換

2006_12040003_1

       「洗面所の排水管の周りが濡れている」とお電話を頂きました。現場に到着するまでは排水管の水漏れだと思っていましたが、どうやら止水栓からの水漏れだったようです。管の表面に青錆びが出ていますがこの程度であればパッキン交換で修理できます。時々、自分でパッキンを交換したけどうまくいかなくてお電話を頂くことがありますので止水栓周りのパッキン交換について紹介しておきます。

2006_12040007_1

      止水栓と蛇口をつなぐ給水管には2種類のパッキンが入っています。パッキンは正しく取り付けないと効果がありません。また、パッキンの取付面がしっかりしていないと一時的に水が止まってもすぐに漏水を起こす場合があります。

2006_12040009_1

      止水栓から出ている管には、両方につばのあるものと片方にしかつばのないものがあります。画像のようなつばの無い物は厚いほうのパッキンを管に差し込みます。このときパッキンとナットの間にプラスチックのワッシャーを忘れないようにしないとナットを締めた時、パッキンがねじれてしまいます。

2006_12040012     

      

 給水管につばがあるほうに薄いほうのパッキンを取り付けます 。あとはナット手で締められる所まで締めたら工具を使ってまし締め。止水栓を開けて水漏れが起こらないのを確認したら終了です。簡単な事ですが水漏れの部位によって取り付けるパッキンが違いますのでDIYでやる場合よく確認しておくことが大事です。

水漏れ修理パッキン交換は広島水道センター

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)