2009年11月28日 (土)

《蹲(つくばい)とは》

telephone 「お庭の“つくばい”の水漏れを直して下さい。」

 (*´ェ`*) 恥ずかしながら “つくばい?” 何のこと? と思いながら 現場に到着。

 目の前に飛び込んできたのは、美しい日本庭園。 実に興味深い。

 なんとなく頭の中で イメージしていた竹筒の ♪カコーン♪カコーンの下にて水を

受ける水鉢が“つくばい”の正体なのだ。

 依頼の内容を正確に言いますと♪カコーン♪カコーン(世間では“鹿おどし”と呼ぶ。)に

流れる水が止まらなくなったので どうにかしてほしいとのことでした。

 ( ̄◆ ̄;) この日本庭園の雰囲気を壊さずに作業をするにはどうしたらいいんだ! と

勝手にシビれてしまったです。

008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

廿日市市 駐車場の止水栓付近からの水漏れ修理

20090601_1_2

                                    水道の元栓の手前から水が出てくる場合、掘ってみないとどこから水漏れしているのか分からない場合があります。

20090601_2_2 

                             

  穴を開けるとどんどん湧いてくる水。ここから手前には宅内の止水洗が無いのでポンプで水を汲み取りながらの作業。
どこから漏れているのかまだこの時点では分かりません。

20090601_3_2 

                               

よくある故障は地面から30cmほど掘った所にある止水栓と配管の間のパッキンからの水漏れ。 
でも、今回はもっと深いところで水漏れしているようです。

20090601_4

                             

     漏水部分が深い所にある場合は穴を広げて作業します。
まずはコンクリート部分に切れ目を入れて…
20090601_5

                                         

コンクリートをどんどん壊して行きま す。コンクリートの地面に穴を開けるのには大型の機械器具がないと作業がとても大変です。

20090601_6_2

                                  

人が入れるくらいまで穴を開けて、さらに深く掘ります。
20090601_7

                             

右の紺色の配管が水道管、左の緑色の配管がガス管です。地中には水道管以外の配管も埋設されています。ここからさらに下へ掘り進んだ所にようやく漏水原因を発見できました。

20090601_8

                               25mmの水道管に、こんな穴が開いていました。かなり以前からの漏水のようですね、塩化ビニールの管が水流で削れています。
漏水の原因もいろいろあります。特に隠蔽・埋設されている物は修理が大変な場合が多く、作業は大掛かりになりがちです。

広島水道センターホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

広島市安佐北区 午前2時 水が止まらない

Img_0680_2

       午前2時、「お風呂の水が止まらないんですが、対応していただけますか?」お風呂の蛇口の緊急修理の御依頼を頂きました。深夜は自分で元栓を見つけて閉めることができないお客様やビルやマンションの管理会社様からのご依頼が多いです。

20080518_1_3

      水漏れの原因はコマパッキンの断裂。パッキンが蛇口をひねった時に突然、ブチッと切れて水が止まらなくなったんですね。

20080518_2

      DIYのお父さんから「何回パッキン替えても直らんのじゃあ」と、お電話を頂きます。画像はハンドルを外した蛇口を真上から見た物。矢印の部分にコマパッキンが当って水が止まります。何度コマパッキンを交換しても直らない場合はここが一部欠けて破損しているのが原因。その場合は蛇口交換が必要になります。

広島水道センター ホームページはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

排水管の勾配が足りない

2007_0602

      排水管は水がスムーズに流れるように勾配が付いています。でも工事の最中に何かの障害物があったために配管工事がうまくいかなかったのか勾配が取れていないお宅があります。

2007_0602_1

      排水管の上に古い鉄パイプが交差しています。このパイプが邪魔だったので勾配が取れず排水管をバーナーであぶって無理やり勾配を取ろうとしています。これだけが原因で詰まることはありませんが、この鉄パイプが勾配が取れなかった原因と言うよりは、施工業者の手抜き作業が勾配の取れていない原因と言えます。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

水漏れの原因 水道水のゴミ

2007_0423

      「シャワーからポタポタ水が止まらないんです」大抵の場合パッキンが悪い場合が多いですが、まだ新しい蛇口でも水が止まらなくなる場合があります。

2007_0423_3

      左が古いパッキン、右が新しいパッキン。左のパッキンに水道管の中のゴミがついていました。このゴミのせいでパッキンがちゃんと締まってなかったようです。パッキンが無いときはゴミを除去するだけでOKですが、念のためにパッキンを交換して作業終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

業者による誤診

2007_02020025

      「お風呂の水漏れを便利屋さんに修理してもらったけれど、水漏れが直っていなかったんです。」水漏れ修理のご依頼を頂きました。2007_02020027

      以前修理をした業者が「この周りから漏れています」と言ってお湯が出る金具(循環金具)の周りにシリコンで防水。どうやら漏水の原因調査と修理後の確認をせずに作業を行っているようですね。お客様は「便利屋の人に見てもらって、直ったと思ってたんです」

2007_02020023

      漏水の本当の原因はお風呂と壁の間にありました。循環金具を裏から覗くと、2本あるパイプの下側で漏水しているのが分かります。ここを修理しないと水漏れは止まりません。

2007_02020031

      取り外した循環金具。漏水を起こしていた所が錆びてボロボロです。業者が作業することでお客様に「プロに見てもらった」と言う安心感を与えます。修理業者として報酬を頂く以上、正しい処置をする技術力と責任が求められます。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

広島市南区 トイレと浴室の詰まりの原因

2007_01020009

      「トイレの水がなかなか引かないんです。それにお風呂の排水も流したらゴボゴボ音がするんです。」排水詰まり修理のご依頼を頂きました。2ヶ所以上が同時に詰まる場合や、普段は音がしないのに水を流したら排水溝からゴボゴボ音がしだした場合、下水管が詰まっている可能性があります。

2007_01020016

      下水の詰まりの場合、排水マスを開けて詰まりの原因を調査します。でも、このお宅は排水マスが埋設されていました。流し台、お風呂、トイレなど排水設備がある所や家の曲がり角などに排水マスが設けられています。

2007_01020019

      地面を掘っていくと、排水マスのフタが出てきました。ここを開ければ詰まりの原因があるかもしれません。

2007_01020020

      これが排水詰まりの原因。どうやら木の根がはいってきた様です。かなり以前から流れが悪かったと思われます。

2007_01020024

      詰まりの原因である根っこを除去して作業完了です。今後は1年に1度くらいは排水マスをあけて根っこが入ってきていないか点検しておいたほうが良いでしょう。

下水の詰まり修理は広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

広島市西区 洗面台の水漏れ

2006_12310004

      「こないだ蛇口を替えてから洗面所の床がねえ、水浸しになるんですよ」洗面所の水漏れ修理依頼でお伺いしました。現場に到着してみるとピカピカの真新しい蛇口が付いています。最近、他社で蛇口を交換してからの漏水。どうやら洗面台の裏のほうから水が漏れているようです。

2006_12310006

      蛇口はピカピカですが、止水栓から上の給水管は古いままでした。左がお湯、右が水の管ですが両方とも水が漏れています。お湯の配管が雑ですね、画像の銅管はバンドなどで固定しないと蛇口から給水管が外れてしまう場合があります。

2006_12310019

      洗面台の下を覗き込んで見るとやはりお湯側の管が抜けかかっていました。危険な状態です。止水栓を取り付けている配管がグラグラしていると、よくこうした現象が見られます。

2006_12310025

      こちらは水側。水道管がグラグラしていないので管は抜けていませんが、どうやら湯水両方ともパッキンを替えていないようです。新しいシングルレバー水栓には袋ナットもパッキンもセットで付いているのに給水管はおろか袋ナットもパッキンも古いままです。これでは水が漏れるのが当然です。

2006_12310030

      はずした給水管。ツバが片方にしかないので水道管がグラグラしている場合はツバのないほうが抜けてしまいます。これが原因の水漏れ修理依頼はわりと多いです。今回ももう少し管が短ければ管が外れていたかもしれません。

2006_12310033

      今回の修理はフレキ管と呼ばれる管を使用しました。この管なら両端にツバがあるので抜けることはありません。でもグラグラしている水道管の固定もしっかりとすることが大切です。今年はこれで終わりです。広島県にお住まいの皆様、今年1年間のご愛顧を頂きまして誠にありがとうございました。新年も皆様のお役に立てるよう、より一層の努力を致しますのでよろしくお願い致します。

広島の水漏れ修理は広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

広島市南区 水道管 水漏れ

2006_12060036

      「床のほうから水が漏れてくるけどどこから水が漏れてくるのか分からない。」水道管から漏水していれば、水道を使っていないの水道メーターが回りますが、水漏れの水量によっては水道メーターがほとんど回らない場合があります。画像はお湯の管。材質は銅でできています。この銅管が古くなると思わぬところから水漏れを起こしたりします。

2006_12060042

      漏水部分を発見するため銅管の周りの被覆樹脂をカッターで切除しました。漏水の原因発見。銅管の直線部分に針で開けたようなほんの小さな穴から水が噴出しています。これがピンホールと呼ばれる現象です。地中や建物の壁の中の配管の場合発見はなかなか困難です。

漏水調査・水道管、給湯管の修理は広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

広島市西区 蛇口付け直し

2006_12140003

      「別な業者さんに蛇口を付けてもらったんだけど蛇口がグラグラするんですよ。」蛇口の取り付け直しのご依頼を頂きました。蛇口は一度取り付けると次に交換するまでの10~20年間位ははずすことはありません。いいかげんな取付をしてしまうと、いつもグラグラしたり蛇口本体が左右に動いたり不快な状態が毎日続きます。

2006_12140005 

      蛇口の付け根の座金の部分が壁から浮いています。この座金が壁に締めるだけでもグラつきは解消される場合もありますが、硬くて閉まりません。

2006_12140007_1

      蛇口をはずしてみると座金が回らない原因が分かりました。原因はシールテープの巻き過ぎ。シールテープとは蛇口の取付部分のねじ山に巻く防水テープです。蛇口の取付が上手く行かず取外した後、取付に失敗したシールテープを除去せずにその上からまたシールテープを巻いた結果、ネジからはみ出したシールテープが座金が締まるのを邪魔していたようです。

2006_12140017

      取り付けをやり直し座金をしっかり締めるとグラつきが解消されました。「以前の蛇口はグラグラしてなかったのにね。」面倒くさいと簡単な手間を省いたりするとせっかく蛇口を交換したのにかえって不快な状態になってしまいます。こんな簡単な蛇口でも正しく取り付けることが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)