2008年12月 1日 (月)

硬くて動かない

20081201_1

       お客様「トイレの水が止まらないんですけど、とりあえず水を止める方法ってないですか?」急いで水を止めたいお客様からよくこうしたお電話を頂きます。

20081201_2

       お客様「トイレにある元栓締めようとしたんじゃけど、硬くてよう動かさんのよ。」ここを10円玉で右に回すと止まるはず…ですが、10年くらい触った事がないので硬くて動かない事が多いんです。

20081201_3

       そんな時は無理をせず家の元栓を締めるのが一番。「量水器」と書かれた箱を探しましょう。マンションは玄関付近にある鉄の扉の中、戸建住宅はガレージの地面や家の入り口付近の地面、アパートは1階の通路や駐車場を探してください。

20081201_4

       フタを開けると中には元栓と水道メーターがあります。中にハンドルがあるので蛇口のように右に回すと全体の水が止まります。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

止水栓で水が止まりきらない時は

Photo_29

      古くなった止水栓はハンドルが硬かったりパッキンが劣化して水が止まりきらない場合があります。特に高齢者の場合、硬くて止められないことが多いようです。

Photo_30

      屋内での水漏れの際、家財や床、壁が濡れないように屋外や低い位置にある蛇口を開いておくと屋内の水を止めたり勢いを弱めたりすることができます。

広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

広島市佐伯区 ウォシュレットの水漏れ

2007_01120001_1

      午前0時頃「トイレの横から水が噴いて止まらないんだけど、今から来てくれますか?」深夜の緊急修理のご依頼です。原因はウォシュレット本体からの水漏れでしたが、水が止まらないのでかなり苦労されていたようです。

2007_01120008

      画像のようなタイプのトイレの止水栓はココ。ドライバーなどで右に回せはトイレの水が止まります。このタイプのトイレは病院などの大きな施設でよく使われています。大きな施設では止水栓の位置が分からず緊急時に水を止めるのが大変なので簡単に水を止める方法を知っておくと、いざと言うときも安心です。

ウォシュレットの水漏れは広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

マンションの止水栓

2007_01030006

      分譲タイプのマンションの止水栓があるのは玄関の隣の鉄のトビラの中。この中には電気メーター、ガスメーター水道メーターガス給湯器が入っています。上の丸い穴はガス給湯器の排気口です。

2007_01030001

      扉の中。初めて見る人にはどれが何なのか分かりませんね。「パイプシャフトを開けてメーターのバルブを閉めて」なんて言ったら余計に混乱しそうです。

2007_01030002

      これが水道メーター。メーターのすぐ右にあるコックが水の元栓(止水栓)これを右に回せば水は止まります。緊急時に水を止める場合、元栓を閉めるのが一番安全な方法です。

広島水道センターホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

広島市西区 アパートの止水栓の位置

2007_01020005

      「蛇口の水が止まらないんです!水が下まで出てきた!どうしたらいいんですか?」電話の向こうでお客様は大慌てでした。大抵はドアの入り口付近にある鉄の扉の中にあるのですが、アパートなど2階建て位の建物の場合、2階の部屋の止水栓も1階の地面についていることも多いです。

2007_01020007

      この建物の場合1、2、3階の水道メーターが1階の通路に並んで設置されていました。大抵はどのメーターがどこの部屋のものなのか分かるよう札が付いていますが、付いていない場合もあります。緊急時に備えて普段から止水栓の位置をチェックしておくことが大切です。

水漏れ修理は広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

広島市東区 マンションの止水栓

2006_11240001

       水が止まらない等、水道が故障したときの応急処置として一番確実なのは水道の元栓を閉めること。ですが「止水栓がどんな物でどこにあるのか分からない。」と言われるお客様もいらっしゃいます。今回は4~5階建てのエレベーターの無いマンションの止水栓がある場所を紹介しておきます。画像では右の部屋の入り口以外にもう一つ鉄でできた扉が付いています。

2006_11240003

       鉄の扉を開けると、床に見える丸いフタが付いているのが水道メーター。扉が複数ある場合は1個づつメーターがあったり、画像のように片方の扉の中に集合している場合もあります。

2006_11240008_1 

       普通は部屋近い方のメーター側が自宅のものですが、どちらが自宅の水道メーターか分からない場合は、フタを開けてください。大抵の場合、 矢印の部分(パイロット)が回転しているほうが水漏れを起こしている自宅です。両方回っていて自信がないときはお隣さんに確認したほうが良いでしょう。2006_11240017

       ハンドルを右に回せばパイロットの回転がだんだん遅くなり水が止まります。画像はハンドルが2つありますが両方回す必要はありません、これで家全体の水が止まります。

水道の水漏れ修理は広島水道センター

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

広島市東区 トイレの止水栓

2006_11240011

       トイレの水が止まらない場合は画像の様な止水栓の突起部分の溝に、コインかマイナスドライバーをはめて右に回せば水は止まります。しかし、止水栓が古いと回らない場合があります。今回修理をご依頼頂いたお客様も「トイレの止水栓を回したけど、硬くて回せんかったから元栓を止めたんよ。」

2006_11240018

       止水栓が回らない時に無理をしすぎると、止水栓本体からも水漏れを起こす場合もあります。止水栓と給水管の接続部分のパッキンも老化しているので止水栓を触った後は止水栓本体やトイレの床などが濡れていないかよく確認しておくことが大切です。

トイレの水漏れ修理は広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

広島市佐伯区 トイレの水漏れ

2006_11050046

       トイレの水漏れで、便器の中に水が漏れる場合に「ジャージャー水が出てるから、今すぐ止めたいんだけど、止め方が分からない!」と焦って電話をかけてこられる方がいらっしゃいます。家の水道の元栓がわからない場合はトイレの床か壁から出ている水道管の中間点にある止水栓(しすいせん)を操作すればトイレだけの水を止めることができます。

2006_11120004 

       こういう止水栓が付いている場合は簡単!ハンドルを右に回せば簡単に水が止まります。でも、井戸水などを使っているご家庭は要注意!止水栓が根元から簡単に折れてしまう場合がありますので井戸水を使用している方は井戸ポンプを止めたほうが良いでしょう。

2006_11120003_1

       こちらの止水栓は少し面倒です。止水栓の先端の溝にマイナスドライバーか10円玉などをはめて右に回します。

2006_11050050_1

       それでも止まらない場合はタンクのフタを空けて浮きの付いた部品を上に持ち上げれば水は止まります。この状態でひもなどで浮きを引っ張った状態で固定するか浮きの下につっかえ棒などをしておけば水は止まります。

トイレ水漏れ応急処置は広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

広島市中区千田町 水が止まらない

2006_10050029a_1

       水道管や蛇口から水が止まらない時どうやって水を止めるのか分からないお客様が意外と多くいらっしゃいます。一般的な住宅であれば「量水器」と書かれた鉄のふたが、道路に近い家の入り口付近、もしくは駐車場などの地面(廿日市や大野町の一部の地域では地面から立ち上がったプラスチックに箱の中。)に設置されています。ふたを開けると水を止めるハンドル「止水栓」(しすいせん)がありますので蛇口と同じように右に回してください。水が完全に止まりきらない場合もありますが、すぐにお伺い致しますのでしばらくお待ちください。

蛇口・水道管の水漏れ修理は広島水道センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)